2005年10月29日

覚えておくと良い詰め碁2

Np3.jpg

この形も実戦でよく出来ます。
よくある形から白に3−3に入られた所からの変化です。
オイラも何回か実戦でなった事あります。

簡単な解説をつけると、黒7の2段バネに対して白8はちょっと不満です。
なぜかと言うと、黒が9と断点をついだ時白は隅に1手入れないと死んでしまうからです。
なので普通なら白8ではR-12と切っていき、黒9はQ−13、白14はS-11と、黒7の一子をポン抜いて隅を捨てて打ちたいのですが、ポン抜いた周辺の価値が極端に低いと予想される場合、白はこう打って我慢するのでこの型になります。(白が何も読まずにこうなる事もあるw)

で、この型は上にも書いたように白が手を抜いたら手になります。
手を抜いた時どこから打って白をこらしめたらいいでしょうか?

黒先白死の問題として考えてみてください^^


囲碁バカ日記はこちら↓
       囲碁バカ日記
posted by wattana at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 詰め碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

wattana成長の記録









いきなり面白い棋譜を載っけましたが(笑)

これはですね、wattanaが囲碁を始めて1ヶ月ちょっとの2ヶ月ちょっとの時(日付をよくみたらとても1ヶ月ちょっとの時じゃなかったwww)、
囲碁教室の先生に6子で指導碁を打ってもらった時の棋譜です。
途中で止まっているのは、そこで打ち掛けになったからです。

先生は元院生の方で、今は囲碁番組で聞き手をやったり教室で指導碁を打ったりと、
囲碁普及に尽くされている方で、wattanaはとても尊敬しています。
この当時のwattanaは棋力はどれくらいだったのかなぁ・・・。
ちょっと思い出せません^^
多分3級あったかなかったかくらいかなぁ・・・。
うーん5級くらいだったかなぁ・・・。

wattanaは自慢になるのかどうか分かりませんが、3級までは光なみの速さで成長しましたw
なので3級以前の記憶はほとんどない・・・。

この棋譜はなんか整理してたら発見して面白かったので載せてしまった。
今みるとひどい手ばかりだが、構想だけはちゃんと考えて打ててるかなぁって感じです。(笑)
もちろん今でもひどい手ばかり打ちますが・・・。

まだ全然手が見えてないので、とにかく中央を大切に打ちたいとしか考えてない碁です・・・。
でも構想を練るって、とても大切だなって思います^^

棋力が低いと、どうしても上手の人よりも手は読めないし、見えません。
なので部分的な石の競り合いだけで考えてしまうと、とてもじゃないけど勝てないですよね^^
(勝とうとする気合は大切)
なのでwattanaはとにかく、どこを大切に打ちたいか?っていうのだけを自分なりに一生懸命考えて
打っています。
結局上手は強いので、その構想も見抜かれてしまうんですがね;;
この頃は、とにかく模様が好きだったので、中央を大きくしたかったんでしょう^^

始めたばかりの頃の棋譜って、見直してみるとほんと面白いですね〜。

また面白い棋譜があったら載っけます^^




posted by wattana at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悩ましいーー










これかなり前にいつも囲碁を教えてもらっている人に教わった問題なんですけど、
なんとこの白逃げれるんですよ!!!!

ドヒャーー。どう見ても脱出不可能に見えるけど逃げれるとは。
碁って不思議ですよね〜〜。
ちなみにこの問題の名前は『亀』だそうですww

wattanaは答えを教えてもらうまで気が付きませんでした^^
多分教えてもらわなかったら寝れなかっただろうな・・・。
答えを聞いたときの感想。

『うを!!!!!!!!』
この一言でした・・・。
なんか有名な問題なので知っている人多いかもしれませんが、知らない人は是非チャレンジしてみてください^^
posted by wattana at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 手筋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

覚えておくと良い詰め碁

No1.jpg

知っておくと便利な詰め碁です。
右の形、黒の星に対して白が3−3に入ったところからできる定石の1つです。
この形ってよく出てきますよね^^

この右の形から黒が曲がりを打って、さらにサガリまで打ったのが左の図です。
曲がりは手抜きしても白が死ぬことはないので、手抜きして大丈夫です。
しかし、サガリまで打たれると!!
さすがに手になります。

白が手抜きしたら死んでしまうのですが、どうやって取りますか??
黒先白死の問題だと思って考えてみてください。

この形って考えもせず覚えてポンポン打ってしまってる人が多いのですが、理解するためにも、
白が手を抜いたらノータイムで隅の白を殺せるようになりたいですね^^

posted by wattana at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 詰め碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツケノビ定石のデギリ対策


まだまだ見てくれている人が少ないので、さすがに質問とかのコメントはなかったみたい^^
このデギリも変化は色々あって、全部図にしていたらとてもじゃないけどキリがないので、
大切な部分を説明できる図を一つだけ載せる事にする。

質問があったらいつでも書き込んでくれれば頑張って答えます^^












正解手はQ−6の方からあてる一手。R-5の方からあてると中央の黒3子が切り離されて黒良くないです。
白14のコスミは最強手段ですが、黒はQ-2に下がるのがいい手になります。
この下がりは『手抜きしたら次にN-4のキリを打ちますよ』という、白に命令できる手であり、
白も切られては3子を取られてどうしようもないので、守る一手です。
黒17は、中の3子が取られると思ってS-3とかに打ちたくなりますが、次にS-6と白にハネられては
もうこの白取られません。
なので気合でさがる一手。
次の黒18〜白24までは、一本道でこうなる所ですが、黒25の手が手筋。
大事な一手です。これを間違えるとオダブツ・・・。
ここに放りこむ事によって白を取るための手数が短くなりますので、図のように
攻め合いは黒の1手勝ちになります。

ツケノビからのデギリは基本的には無理な手なので、きちんと対応すれば黒が悪く事は考えられません。
11の方からあてて、15のサガリ、25の放り込み、この3つを覚えておけば大丈夫でしょう。

碁は絶対にこう打たないといけない!っていうルールはないので、相手も変化してくるかもしれませんが、ツケノビからのデギリはムリな手だ!!!!!
っていうのを知っていれば、じっくり考えて咎める事ができるはずです。
僕ははじめて間もない頃、これを打たれて潰されました。
しかし、その人からちゃんと対策を教えてもらいました^^


ここでこのデギリの対策をマスターした人がいれば(いたら嬉しいです^^)、
いつか初級者の方などに対策を教えてあげてくださいね〜。





posted by wattana at 05:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 定石 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。