2005年10月29日

ツケノビ定石のデギリ対策


まだまだ見てくれている人が少ないので、さすがに質問とかのコメントはなかったみたい^^
このデギリも変化は色々あって、全部図にしていたらとてもじゃないけどキリがないので、
大切な部分を説明できる図を一つだけ載せる事にする。

質問があったらいつでも書き込んでくれれば頑張って答えます^^












正解手はQ−6の方からあてる一手。R-5の方からあてると中央の黒3子が切り離されて黒良くないです。
白14のコスミは最強手段ですが、黒はQ-2に下がるのがいい手になります。
この下がりは『手抜きしたら次にN-4のキリを打ちますよ』という、白に命令できる手であり、
白も切られては3子を取られてどうしようもないので、守る一手です。
黒17は、中の3子が取られると思ってS-3とかに打ちたくなりますが、次にS-6と白にハネられては
もうこの白取られません。
なので気合でさがる一手。
次の黒18〜白24までは、一本道でこうなる所ですが、黒25の手が手筋。
大事な一手です。これを間違えるとオダブツ・・・。
ここに放りこむ事によって白を取るための手数が短くなりますので、図のように
攻め合いは黒の1手勝ちになります。

ツケノビからのデギリは基本的には無理な手なので、きちんと対応すれば黒が悪く事は考えられません。
11の方からあてて、15のサガリ、25の放り込み、この3つを覚えておけば大丈夫でしょう。

碁は絶対にこう打たないといけない!っていうルールはないので、相手も変化してくるかもしれませんが、ツケノビからのデギリはムリな手だ!!!!!
っていうのを知っていれば、じっくり考えて咎める事ができるはずです。
僕ははじめて間もない頃、これを打たれて潰されました。
しかし、その人からちゃんと対策を教えてもらいました^^


ここでこのデギリの対策をマスターした人がいれば(いたら嬉しいです^^)、
いつか初級者の方などに対策を教えてあげてくださいね〜。





posted by wattana at 05:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 定石 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ツケノビの出切りはちゃんと覚えてますよ〜。今度打ったときまた実践でやりますか〜?
Posted by ちはる at 2005年10月29日 08:52
>ちはるさん

ひえ〜カンベンしてください〜〜。
いきなり投了になってしまいます^^
Posted by wattana at 2005年10月29日 08:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。