2005年10月29日

wattana成長の記録









いきなり面白い棋譜を載っけましたが(笑)

これはですね、wattanaが囲碁を始めて1ヶ月ちょっとの2ヶ月ちょっとの時(日付をよくみたらとても1ヶ月ちょっとの時じゃなかったwww)、
囲碁教室の先生に6子で指導碁を打ってもらった時の棋譜です。
途中で止まっているのは、そこで打ち掛けになったからです。

先生は元院生の方で、今は囲碁番組で聞き手をやったり教室で指導碁を打ったりと、
囲碁普及に尽くされている方で、wattanaはとても尊敬しています。
この当時のwattanaは棋力はどれくらいだったのかなぁ・・・。
ちょっと思い出せません^^
多分3級あったかなかったかくらいかなぁ・・・。
うーん5級くらいだったかなぁ・・・。

wattanaは自慢になるのかどうか分かりませんが、3級までは光なみの速さで成長しましたw
なので3級以前の記憶はほとんどない・・・。

この棋譜はなんか整理してたら発見して面白かったので載せてしまった。
今みるとひどい手ばかりだが、構想だけはちゃんと考えて打ててるかなぁって感じです。(笑)
もちろん今でもひどい手ばかり打ちますが・・・。

まだ全然手が見えてないので、とにかく中央を大切に打ちたいとしか考えてない碁です・・・。
でも構想を練るって、とても大切だなって思います^^

棋力が低いと、どうしても上手の人よりも手は読めないし、見えません。
なので部分的な石の競り合いだけで考えてしまうと、とてもじゃないけど勝てないですよね^^
(勝とうとする気合は大切)
なのでwattanaはとにかく、どこを大切に打ちたいか?っていうのだけを自分なりに一生懸命考えて
打っています。
結局上手は強いので、その構想も見抜かれてしまうんですがね;;
この頃は、とにかく模様が好きだったので、中央を大きくしたかったんでしょう^^

始めたばかりの頃の棋譜って、見直してみるとほんと面白いですね〜。

また面白い棋譜があったら載っけます^^




posted by wattana at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。