2005年10月29日

覚えておくと良い詰め碁2

Np3.jpg

この形も実戦でよく出来ます。
よくある形から白に3−3に入られた所からの変化です。
オイラも何回か実戦でなった事あります。

簡単な解説をつけると、黒7の2段バネに対して白8はちょっと不満です。
なぜかと言うと、黒が9と断点をついだ時白は隅に1手入れないと死んでしまうからです。
なので普通なら白8ではR-12と切っていき、黒9はQ−13、白14はS-11と、黒7の一子をポン抜いて隅を捨てて打ちたいのですが、ポン抜いた周辺の価値が極端に低いと予想される場合、白はこう打って我慢するのでこの型になります。(白が何も読まずにこうなる事もあるw)

で、この型は上にも書いたように白が手を抜いたら手になります。
手を抜いた時どこから打って白をこらしめたらいいでしょうか?

黒先白死の問題として考えてみてください^^


囲碁バカ日記はこちら↓
       囲碁バカ日記
【関連する記事】
posted by wattana at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 詰め碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。